INFO and more…

”ちょっと役立つ”情報の泉

夏フェス 持ち物は日帰りだと何?日焼け対策の服装と熱中症対策も!

      2015/06/20

夏の一大イベントと言えば夏フェス!毎年大盛り上がりですが、炎天下でのライブを思いっきり楽しむためには、事前の周到な準備が欠かせません。今回は夏フェス参戦のための必携品リストや日焼け・熱中症対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

夏フェスの持ち物って日帰りだと何?

■必需品

  • タオル

首にかけられる長いタイプがいいですね。日よけにしたり、汗を拭いたり。汗っかきの方は二枚用意しても。

  • レインウェア

夕立に降られることがあるので必ず持って行ってくださいね。登山用の上下に分かれたレインウェアに越したことはないですが、なければ100均のものが小さくてかさばらず、濡れてしまっても帰りに捨てて帰れるのでお手軽でおすすめです。100均のものでおすすめは、フード付きで袖口がゴムで絞ってあるタイプです。探してみてくださいね。

  • 帽子

日よけにつばの大きなハットや麦わら帽子がお勧め(首の後ろが影になるもの)。キャップしかなければタオルを首にかけて日よけにしてくださいね。

  • ゴミ袋(大きなもの)

雨が降った時に荷物にかぶせたり、レインウェアがない時にはその代わりにも使え、少し休みたい時に下に敷くこともでき、それでいてかさばらない優れもの。

  • ウェットティッシュ・汗ふきサラサラシート

ウェットティッシュは食べ物を食べる前と後に手を拭くため、サラサラシートは汗をかいた時などに使うとすっきりします。

  • 上に羽織る長袖一枚

夜になると急に冷えたりするので上に羽織るものを持って行きましょう。登山用のレインウェアがある方はそれが上着代わりになります。

  • 着替え

上に着ている服は汗でべちょべちょになる可能性があるので、着替えを持って行きましょう。

  • 日焼け止め

汗で流れたら塗りなおす用に携帯用日焼け止めを持って行きましょう。日焼け止めがないと、天気によっては火傷のような状態や皮がズルっとしてしまう事もありますので気を付けてくださいね。

  • メイク落とし(女性のみ)

メイクは汗でドロドロになってしまうので、お直し用にメイク落としシートを持って行きましょう。さっぱりして気持ちがいいですよ!

  • 敷物

十分な広さがある会場の場合、疲れたら座ったり寝転がったりできるので重宝します。

  • 飲み物・食べ物

とにかく水分と体力を消耗するので十分すぎるくらい持って行くと良いですね。会場でも買えますが割高ですし食べ物も一人分が少なかったりするので、スーパーなどで予め買って行くのが得策です。

  • パウチタイプのドリンク

凍らせて首の後ろに当てると保冷材の代わりになりますし、溶けたらジュースとして飲めとても便利です。

■あると便利なもの

  • ペットボトルストラップ

ライブ中、人がごった返している時でも両手が空き、すぐに水分補給できるように、首からかけられるストラップがあると便利です。

スポンサーリンク
  • うちわ

とにかく暑いので持って行くと重宝します。

  • マスク

当日すごく晴れていると砂埃がひどく喉を傷めてしまう可能性があるので、一枚忍ばせておくと良いですね。

  • 虫よけスプレー

野外だと虫がいるのであると便利です。

夏フェスの日焼け対策の服装はどんなの?

まず、洋服を着る前に体に日焼け止めをたっぷりと塗ってくださいね。一日中炎天下にさらされるのですから、服を着ていても焼けてしまう可能性もあります。後で絶対に後悔しますので、この準備は念入りに行ってくださいね。忘れがちな耳にもよく塗ってください。

  • トップス

Tシャツ、七分丈Tシャツ、ロンTなど二の腕がむき出しにならないもの。スポーツ用のTシャツであれば速乾性がありますし、UVカットのものも出ているので一度探してみると良いかもしれません。

  • ボトム

暑さが気にならなければ、ジーパンでもOKです。なるべく肌を露出しないズボンを。7分丈でもOKです。女性はショートパンツ+UVカットレギンス(orトレンカ)もおすすめです。

※てっとり早くUVカット機能を持たせるために、衣類用のUVカットスプレーを買って吹きかけておくと効果的です。

※洋服の色は、黒は光をより集めてしまうので避け、明るい色を選んでくださいね。

  • 帽子

なるべくつばが広いものを。UVカット帽だと尚いいですね。顔や首周りに影ができるものであれば完璧です!帽子は深くかぶり、顔に光が当たらないようにしましょう。帽子をかぶっていてもタオルは常に首にかけて日差しをガードしましょうね。

なんと言ってもスニーカーですね。足の甲を覆うから焼けませんし、動きやすくてOK。サンダルはもっての外ですよ~ 雨が降った後の地面はグチャグチャですし、踏まれると痛いですし、足の甲が焼けてしまいます。

夏フェスの熱中症対策は?

  • 水分補給

スポーツドリンクやジュースだと喉が渇いてしまうので、経口補水液や麦茶が良いでしょう。

  • 凍らせたパウチドリンクを首の後ろに当てる

よく冷たいものを頭やおでこに当てる方がいますが、頭に冷たいものを当てると体温が余計に上がってしまいます。冷たいものは、必ず大きな血管が通る場所(首の後ろなど)に当ててください。直接でなくタオルにくるんで当ててくださいね。

  • お目当てのアーティストが出ていない時はなるべく木陰で過ごす

ずっと最前線で騒いでいるとものすごく体力を消耗するので、好きなアーティスト以外が出ている時は木陰などの涼しい場所で休憩をとるようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?夏フェスは、備えあれば憂いなし。現地で困らないよう、万全の準備で行きましょう!ちなみにカバンは、大事なものはウェストポーチに、それ以外は肩掛けカバンや小さめのリュックに入れて持って行くと良いですよ。是非、楽しんできてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 夏の行事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

夏休み 宿題自由研究大作戦!イベント予約・抽選落ちても楽しむ方法

スポンサーリンク 関連

no image
七夕メニュー こどもが喜ぶのは?そうめんやデザートのアレンジも!

近年「七夕に何か決まったものを食べる」人が増えてきましたね。せっかく食べるのであ …

赤ちゃんとキャンプ テントは難しい?何歳からOK?必需品は?

赤ちゃん連れでのキャンプ。大きい上の子をキャンプに連れて行きたいけど、下の子がま …

キャンプの朝ごはんおすすめ!メニューで人気&簡単なのは?

キャンプの朝ごはん。何回も行かれている方ならいつも同じでマンネリになってしまいが …

おしゃれキャンプの食器・カトラリー・カップ☆可愛くてインスタ映えするグッズ♪

今や定番になりつつあるおしゃれキャンプ。おしゃれキャンプのメインは料理ですが ス …

no image
七夕の由来を子供向けに簡単に。短冊に願いを書くのは何故?

七夕の由来を子供に説明して。。と言われて、スラスラと説明できる方は少ないのではな …

夏コミ初参加の心得!カタログは必要?必要なもの何を持って行く?

夏の一大イベント、夏コミ!巷では「夏コミは戦場」なんて声も上がるほど、フラッと気 …

夏休みイベント関東2017!夏は子供とお出かけしよう!

親御さんにとってはなが~い夏休み(~_~;) スポンサーリンク 時間潰しにうって …

恐竜展 幕張の混雑状況と所要時間は?効率的に楽しむ方法

子供が大好きの恐竜展、どうせ行くなら混雑を避け効率的に楽しみたいですよね。 スポ …

クーラーボックス効果的な使い方!保冷を長時間するには?肉の保存法も。

夏のキャンプに必要不可欠なクーラーボックス。1泊だったらあまり問題ないんですが、 …