INFO and more…

”ちょっと役立つ”情報の泉

悪口を言う心理。不平不満ばかり言う人の対処法とは。

   

うんざりするぐらいいつもいつも悪口を言ってる人いますよね。彼らは何故悪口や不平不満を漏らすんでしょう?そこにはどんな理由があるんでしょうか?

今回は悪口を言う人の心理と対処法を纏めてみました。

スポンサードリンク

悪口を言う心理

悪口を言う人というのは、総じて心のどこかが満たされていない人です。

心に余裕がなくて人のアラが目につき、細かいことやどうでもいいことにまで文句を言いたくなってしまうんですね。

では、具体的にどんな心理が働くのでしょう?項目別に見ていきましょう。

劣等感が強い

劣等感を感じている人というのはすごく卑屈です。

劣等感が大きければ大きいほど、人に勝ちたい気持ちも大きいので、悪口でこき下ろして自分が優位に立った気でいたいのです。

相手を下に見る事で本気で自分の方が上だと思っているんです。そう思い込むことで心の安定を図っているんですね。

自分の地位(その人が思う自分のポジション)を脅かすような存在や出来事が出てくるとわざとその人や物事を悪く言って自分の方が上だと思い込み、安心したいのです。

そう考えると、、本当は自分に自信がなく、人をけなすことでしか心が安定しないその人は、心底哀れに思えてきますね。

被害者意識が強く、プライドが高い

人の悪口をいう事で自分が相手にどれだけ被害を被ったか、相手はどれだけ残虐非道な人物であるかを知らしめ、周りの同情を買い、自分は「可哀想な被害者」としてより多くの仲間を集めて反撃したいという心理。

いつも悪いのは相手で自分は100%被害者。そして同意を得た仲間とともに相手にダメージを与え満足するんですね。

プライドが高い人に多く見られる特徴です。自分の思い通りにならない人をどうしても許せず、相手を悪者に仕立てあげて潰す。

いつも自分が一番じゃないと満足できないというタイプは「許せない」という気持ちが強く出てそのような行動をすることがあります。

承認欲求が強く、プライドが高い

自分の実力はもっと評価されてもいいはずなのに、皆に認めてもらえないという不満を常に抱えているタイプです。

人が自分を認めないと「あいつは何もわかってない」「あいつはバカだ」などと相手を見下し、原因は全て相手にあることにして認めてもらえない自分の心を安定させようとします。

プライドが高く、皆はバカでいつも自分だけが正しいと思っている人に多い特徴です。

上手くいっている人に対する嫉妬

自分の思うように物事が進まなかったり、家族や友人との関係が上手くいっていないなど生活に不満があると、上手くいっている(ように見える)人の事を悪く言う傾向があります。

自分にないものを持っている人への嫉妬心からの悪口ですね。

本当は自分だってあの人のようになれるはずなのに、なれないジレンマを抱えきれずに相手への悪口として表に出てしまうんです。

悪口が習慣化している

まるで息をするかのように、悪口を言うのが当たり前、生活の一部になってしまっている人です。

世間話の一環、間が持たないからなどといった軽い理由で、ネタは人はもちろん、物事や政治に関することまで多岐に渡ります。外国人の事を見下して悪く言う人も少なくありませんね。

こういう人は悪口を言う事が普通ですから、言わないとストレスがたまってしまったりするんですよね。

私たちが日々排泄するように、たまったものを出す、ある意味ストレス発散のために悪口を言わないではいられない状態です。こうなってしまうと恐ろしいですね(~_~;)

不平不満ばかりが心を支配している…

以上に紹介したように、悪口を言う人というのは大概が不平不満を心の中に溜めている人なんですよね。

その根底にあるのは、心の闇。一番大きいのは劣等感です。劣等感というのは強大な悪魔で、人の人生を暗く辛いものに変えてしまう力があります。

劣等感が強いと、人と比べたり、人を見下しバカにしたり、人が成功するのを許せなかったり、人が自分の思い通りに動かないとイライラしたり。。いつもそんな気持ちに苛まれます。

日常がそんな状態だとしたら、とても不幸だし不自由だと思いませんか?

ところが、悪口を言う多くの人は自分に劣等感があることすら気づいていません。

自分の心が不平不満で満たされていることが普通になってしまって、思いのまま人の陰口を言う事が当然になってしまっているからです。

実は悪口を言う人というのは、非常に弱い人なんですね。悪口を言っていないと自分を保つことができないんですから。

自分の心の黒い部分に負けて、人を悪く言ってしまう弱い人。それでも言ってしまうのは、心が劣等感に支配されていることに気づいていないから。

そして、本当の意味で自分を認めていないからなんですね。

そんな悪口を言う人への対処法ですが…次章でまとめてみました。


スポンサードリンク

悪口を言う人の対処法

距離を置く

物理的な距離をとる

悪口を言う人と一緒にいると、いつの間にかあなたまでその毒に侵され不幸な人生を歩むことになってしまいます。悪口の黒い輪というのは広がりやすく、人に影響しやすいんです。

なのでもし離れられる、もしくは距離を置ける場合はそうするのが一番です。

そういうタイプの人なので離れたら必ずあなたの悪口を言いますが、それを気にするといつまでも行動できないので、「何を言われても気にしない」と覚悟を決めて距離を置くようにしましょう。

あなたの人生のためです。勇気を出してくださいね!

精神的な距離をとる

職場などで毎日会わなければいけない場合は物理的に離れられないので、彼らと関わらなければならない時は心を閉ざし、精神的な距離をとるようにしてください。

話は聞いているフリをし、うん、うんと聞いているだけで、同意もせず、反対もしない。敵に回すと面倒ですからね。そして可能な限り会話をそらす、また接点をなくすよう努力してください。

こちらがイライラしてしまった時は、「あの人は一種の心の病気だ、病気にかかってることすら気づかない不幸な人なんだ」と思うと哀れになり腹も立たなくなりますよ。

心に余裕を持って、精神的な距離を十分に取って付き合いましょう。

影響されないようにする

悪口を言う人の否定的・攻撃的な言葉は強い負のパワーがありますが、あなたはそれを聞いても影響されず楽しいことを考えるようにしてくださいね。

どんな状況でも、幸せになるも不幸になるも自分の心次第。

負のパワーに引っ張られて暗くなってしまってはあなたの人生まで台無しになりますので、彼らの言葉は雑音だと思ってさーっと流し、あなたはあなたの人生を楽しむことに集中してくださいね。

間違っても、「悪口を言う人の悪口を言う」ことはしないでくださいね!それをやってしまうと同じ種類の人間になってしまいますからね~


さいごに

悪口を言う人たちは一見強そうに見えますが、本当は自分に自信を持てず劣等感に支配されている人たちです。

私もかつて、周りに負のエネルギーを撒き散らし人を悪く言ってきたのでわかるんです(._.)

悪口を言っている時はそれが悪いことすらわかりませんでした。

でもいつか、自分が吐き出した黒い黒い毒は自分自身が一番聞いていることに気づき、その影響で体調が悪くなったり人が離れていくことに気づく時がくるんです。

どん底に落ちるまで気づかない場合もありますが…(~_~;)

今回の記事が少しでもお役に立ち、うまく折り合いがつくことをお祈りしています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓この記事を読んだ方はこちらも読んで行かれます↓
☆人気記事☆ 性格悪いのに友達が多い、好かれる人の謎。付き合い方を考察してみた。
友達に連絡いつも自分から。連絡しない心理は?縁切るべき?

スポンサードリンク

 - 人間関係 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ママ友を家に呼びたくない。上手な断り方でかわすには?

スポンサードリンク 関連

性格悪いのに友達が多い、好かれる人の謎。付き合い方を考察してみた。

いますよね、確実に性格が悪いのに友達が多くいつも人に囲まれている人って。 何故な …

error: Content is protected !!