INFO and more…

”ちょっと役立つ”情報の泉

京都祇園祭 宵山の楽しみ方。巡行時間や屋台の場所まで網羅!

   

日本三大祭りの一つとされる京都祇園祭。毎年7月1日~31日までまるまる一か月続くお祭りですが、「お祭り」と言っても一か月のほとんどは関係者(氏子など)のみで行われる行事や神事などで構成されており、一般の方は見られないことがほとんどです。

観光客が一番集まるのは、前祭(さきまつり:7月14日~17日)と後祭(あとまつり:7月21日~24日)の宵山から山鉾巡行までのそれぞれ4日間です。2013年までは前祭しか行われていませんでしたが、2014年に幕末の火災によって焼失した「大船鉾」が150年ぶりに復活したことから後祭も49年ぶりに復活、山鉾巡行も前祭と後祭の二回に分けて行われるようになりました。

今回は特にこの前祭について、楽しみ方やお役立ち情報を纏めました^^

スポンサードリンク

京都祇園祭 宵山の楽しみ方

宵山とは、「山鉾巡行の前の日程」のことで、前日を宵山、前々日を宵々山(よいよいやま)、三日前を宵々々山(よいよいよいやま)と言います。これら全部をひっくるめて宵山と言う事もあります。

祇園祭は曜日に関係なく、毎年下記日程でお祭りを行います。

「前祭」の宵山が7月14日~16日、山鉾巡行(神行祭)が7月17日
「後祭」の宵山が7月21日~23日、山鉾巡行(還幸祭)が7月24日

人出は、宵々々山(14日)が比較的空いていて、宵山(16日)が一番混みます。巡行に近づくにつれて混んでいきますね。

■山鉾を見るには午後3時~夕方頃がおすすめ

夜になるにつれ人が増えだすので、15時くらいから行くことをお勧めします。まずは昼間のうちにお囃子を聞きながらゆっくりと山鉾見学を楽しんでくださいね。夜になると提灯に火が灯されまた違った雰囲気になって風情が出ます。

注目はやはり2014年に150年ぶりに復活した「大船鉾」、また「長刀鉾」「月鉾」「函谷鉾」なども有名どころですので必ずチェックしてくださいね!

■鉾に登ろう!

10時~4時頃までに鉾で「厄除けのお守り」と「ちまき」を購入すると鉾に登ることができます!これは是非やってみてくださいね。ただし、古くからの「しきたり」によって女人禁制の鉾もありますのでお守りなどを購入する前に確認してください

また、鉾によって奉られているものが違いますので(安産、火の用心等々)それも先に確認してくださいね。

■民家に立ち寄って芸術品を堪能しよう

この期間はなんと旧家が家宝を一般公開しているので、普段は決して見ることのできない貴重な美術品(代々伝わる屏風など)を見ることが出来ます。おすすめは新町通。鉾は小さいものが多いのですが、家宝は一見の価値あり。時間があれば是非訪ねてみてくださいね。

スポンサードリンク

京都祇園祭 巡行時間は

7月17日の山鉾巡行開始時間は午前9時で、スタート地点は四条通です。

辻回しが見られる場所は

辻回し(鉾が方向転換する場所)は交差点になります。大きな鉾がグル―っと回る様子は必見ですよ!観覧ポイントは下記です。

★四条河原町

一番人気のスポットです。四条河原町の交差点は、アーケードがあるため天候が悪いと人が殺到します。雨でなくてもテレビ中継が入ったりするほど物凄い人でいっぱいなのでここに行く場合はそれなりの覚悟が必要です。。。(;^ω^)

巡行が朝9時からなので、このポイントで一番前の席を確保するのは相当早い時間に行かないと難しいでしょう。ですが安心してください!山鉾巡行はすごくスローに進むため通過するのに約2時間かかります。そのため、すべてを最初から最後まで見る人は少ないです。時間が経つにつれ前の人がいなくなって空いていくのでそのタイミングで前列に行くことができます。遅くとも9時半くらいまでには行っているようにしてくださいね。

★河原町御池

有料席の後ろ側が穴場です。有料席の方は椅子に座っているので後ろからでも見えますし、かなり広いスペースがある上コンビニや木陰もあり快適に過ごすことができます。

★新町御池

ここは最終地点に近いので、開始時間の9時ごろに行っても見られますし(鉾が通過するのが11時を過ぎてからのため)、狭い道に入るための辻回しなので見ごたえがあります。お勧めです!

辻回しを観なくても良い、という方は道路であればどこでも見ることができますので見物しながら良い場所を探してみてください^^辻回しの人気ポイント以外は空いていることも多いです。

京都祇園祭 屋台の場所は

いくつもの鉾の周辺には屋台が立ち並び、一層お祭りの雰囲気を醸し出しています。2014年から14日は歩行者天国はなく15日(宵々山)、16日(宵山)の夕方からのみとなりました。

屋台の穴場は烏丸通で、比較的空いていて屋台も多いです。

屋台も最近は定番のタコ焼きや焼きそばなどに加え、カレー専門店のカレーやナン、タンドリーチキン、ベーコンエッグたい焼きなどがありますので、一風変わったものに挑戦してみても良いかもしれませんね^^

さいごに

暑くなるので昼間から出かける場合は熱中症対策をしっかりとしてくださいね。雨が降る可能性もあるので雨具も持って行ってください。また、鉾のマップをプリントアウトして持って行くと迷わずおすすめです。是非、楽しんできてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

スポンサードリンク

 - お祭り ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

岸和田だんじり オススメスポットと見どころ、楽しみ方のコツ!

今年も岸和田だんじり祭りの季節がやって参りましたね。大迫力のやりまわしや市内をす …

麻布十番祭りの出店はどこが人気?混雑回避ワザや浴衣で行く時のコツなど

麻布十番祭りと言えば都内有数の出店の多さと種類で知られるお祭りですね。一般的なお …

根津神社祭り2015!屋台と神輿は何時から?

根津神社祭り(例大祭)は、山王祭・神田祭と合わせて「江戸の三大祭」と言われており …

天神祭のメインは何?花火スポット大公開!屋台の最寄り駅は?

日本三大祭りの一つ、大阪天神祭!二日間に渡るお祭りで、屋台も沢山出ますし二日目に …

平塚七夕に子連れで行く時のコツ。授乳は?ベビーカーはOK?

日本の三大七夕祭りの一つと言われる平塚七夕まつり。飾りつけの豪華さや何百メートル …

error: Content is protected !!