INFO and more…

”ちょっと役立つ”情報の泉

性格悪いのに友達が多い、好かれる人の謎。付き合い方を考察してみた。

   

smartphone-1445489__480

いますよね、確実に性格が悪いのに友達が多くいつも人に囲まれている人って。

何故なんでしょう?

今回は私が長年謎に思ってきた、「性格悪いのに友達が多い人」について考察してみました。

スポンサードリンク

性格悪いのに友達が多い謎

性格が悪いはずなのに友達が多い人の特徴は、

・明るい
・人当たりが良い
・情報、話題が豊富
・人脈が広い
・人懐っこい
・場を掌握し、人を説得する力がある
・強そう

などがあります。

つまり社交的で外交的、フレンドリーな雰囲気を持つ人ですね。
人見知りをしないので、初対面の人とでもすぐに打ち解けることができます。
そして口が上手いので人の心を掴みやすいという特徴もあります。

なので総合して「一見」とてもいい人そうに見えるため、人が寄って来る、ということがまずポイントです。

ただ、一見いい人なだけだとすぐに本性がばれてその後の付き合いが続かないんじゃないかと思いがちですがこの部分こそが謎を解くカギなんですね~

一見性格が良く見えて実は性格が悪い人は、その社交性から人脈の広さや情報網の広さ、コネやつてなどが多いので一緒にいることでメリットになることが多いんです。

なので嫌な部分が見えたとしても、それを上回るメリットがあるため離れることはせず一緒にいる人が多いという。

また、一見性格のいい人はいつも大勢を引き連れて群れるのが得意なため、「あの人に嫌われたらグループから外される」という危機感を人に抱かせ、嫌でも一緒にいざるを得ないというパターンもあります。

ジャイアンとスネ夫の関係も、スネ夫は暴力的なジャイアンに目を付けられないよううまく取り入って仕方なく一緒にいるというパターンですよね。

つまり「性格が悪いのに友達が多い人」の周りにいる人というのは

・その人と一緒にいることで得られるメリットを享受している人
・その人に目を付けられないため仕方なく同調し一緒にいる人

が多いんですね。

もちろん、その性格の悪い人と純粋に気が合うから一緒にいる場合もありますが大半は自分の利益のためや一人になりたくない気持ちなどから離れないことが多いんです。

ここで一つの疑問が。

その、性格が悪い人の周りにいる人って。。
本当に「友達」なんでしょうか?

嫌なところがあるけどメリットがあるから側にいる。仲間外れになりたくないから従う。
「取り巻き」や「殿様についてまわる家来」のようなものに思えますね。
お互いに利用価値があるから一緒にいる、友達のフリをした非常に希薄な繋がりなのではないでしょうか。

もちろん全員が全員そうだというわけではありませんが、そういう傾向にあると個人的には感じています。

つまり、例え沢山の人に囲まれているとしても、その人が本当に好かれているかはわからないんですね。

ここに性格が悪くても友達(?)が多く見える人の謎のカラクリがあると思います。

私の知り合いにも性格が悪いのに友達が多い人がいましたが、人当たりは良いのですが浅く広くが基本で一人一人を大事にしないので、思いやりに欠け少し付き合うと失礼な事でもズケズケと平気で言ってくるようになりました。

それでもいつも人がたくさん周りにいましたね~
情報網もすごいし人脈も広かったですからね。
友達は質より量、の考え方らしく誰が一緒にいても同じ、とにかく一人にだけはなりたくないという感じでしたが。。

私はその人とも取り巻きの人達とも、本当に表面だけの、中身のない浅~い付き合いをしていましたが、半年くらいで限界を感じ、きっぱり離れました。

性格悪いのに好かれる?

性格が悪いのに好かれることは基本的にはありません。周りから見ると「好かれているように見える」だけです。

それは先述したように、いつも人に囲まれていて群れているから、表面的には仲良さそうに見えるだけなんですね。

ですが…果たして10年後もその関係が続いているか?

そう考えると、見えてくるものがあると思います。

群れるのが好き、SNSなどでも友達いっぱい、いつも誰かと繋がっていないと不安になってしまう人というのは結局「弱い人」なんですね。

弱いから一人ではいられない。
弱いから群れていないと、誰でもいいから繋がっていないと不安でしょうがない。

群れから離れ、一匹狼で生きていける人というのは心が強いからできることなんです。

なので今回のテーマである「性格が悪いのに友達が多い人」というのは人が周りにいないと不安でしょうがない、実は精神的にとても弱い人、ということが言えるのかもしれません。


スポンサードリンク

性格悪い友達との付き合い方とは

ご自身が「この人とは合わない」「性格が悪いと感じる」という人とは関わらないのが一番です。

友達とは、一緒にいて楽しかったりお互いを尊重したり思いやったりできるような関係でないと長く続きませんし、何より嫌な思いをしながら一緒にいる必要などどこにもありません。

それでもどうしても、やむを得ず関わらなければいけない人の場合、その人の前では心のシャッターを下ろすということをやってみてください。

この人には決して心を開かないと決め、表面だけで適当に合わせること、必要以上の事は話さないことを徹底します。

どちらにしろその人との関係が一生続いていくわけではありません。
一時的なものと割り切ってやり過ごすようにすると、いくらか心が楽になりますよ。

一つ注意したいのは、いくらその人が嫌だからといって、他の人にその人の悪口を言わないことです。

悪口を言えば言うほどあなた自身の評価が下がりますし、誰からどう伝わるかわからないのでトラブルの元になってしまいます。

何よりいくら嫌いだからといって影でこそこそ悪口を言う事は、結局あなたも性格が悪いと思われてしまう原因になってしまいますので避けてくださいね。

どうしても言いたくなってしまったら、そのグループとはまったく関係のない人に少しだけ聞いてもらうなど、最小限に留めるようにしてくださいね。

さいごに

性格が悪いのに友達が多い人の謎、私なりの解釈ですが解いてみました。

ずっとずっと疑問に思っていて、今回自分なりに調べてなんとか答えが出せたかと思います。

もちろん人それぞれ色々な考え方がありますし解釈がありますが、私の経験や思考からはこのような結論に至りました。

異論、反論大歓迎!同じような経験がある方、コメント下さると嬉しいです^^

スポンサードリンク

 - 人間関係 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした

error: Content is protected !!