INFO and more…

”ちょっと役立つ”情報の泉

犬の手作り食デメリットとメリット、注意点まとめ

   

dog-1224267__480

ここ10年ほどで、犬の手作り食を始める方がとても増えてきました。

犬の手作り食用レシピ本なども沢山販売されていますし、三食完全手作りの方も多いんですよね。

ドッグフードよりもヘルシーで安心なイメージの強い手作り食ですが、実は賛否両論。手作り食を全面的に反対する獣医も実は少なくありません。

初めて取り組むとなるとわからないことだらけですよね。

今回は犬の手作り食のデメリットとメリット、注意点などを纏めてみました。

スポンサードリンク

犬の手作り食のデメリットとは

栄養が偏りがち

手作り食を実践する場合、犬の栄養学をきちんと勉強して取り組まないと栄養が偏り体に変調をきたす場合があります。

特に今までドッグフードのような所謂「完全栄養食」を与えられていた犬であればなおさらです。

手作り食が合わなかった場合、犬によっては病気や栄養不足など様々な症状が現れることもあり、しっかりとした知識なしに安易に始めるのは実はあまり良くないんですね。

人間の食事と犬の食事はまったく別物と考えて、犬のための栄養バランスを元にレシピを毎日熟考する必要があるんですね。

この辺りが上手に管理できない飼い主さんも少なからずいるために、獣医さんが手作り食を反対されている場合も多いです。

アレルギー反応を起こす可能性

例え専門家が書いた犬の手作り食の本の中で「安全」と言われている食材でも、犬によってはアレルギー反応を起こす場合があります。

手作り食を実践する場合は、最初からたくさんあげずに少しずつ食べさせて様子を見ながら行うことが必要になってきます。

今後ドッグフードを食べない可能性

飼い主が長期間家を空けなければならない場合や、災害時などに手作り食しか受け付けないとなると命の危険すら伴います。

もちろん手作り食がメインのワンちゃんでもドッグフードをモリモリ食べる子も沢山いますが、いざ、という時はどうなるかわかりませんよね。

心配な場合は完全手作りにするのではなく、例えば手作り食6:ドッグフード4くらいの割合で(これも犬の様子を見ながら割合を決めていきます)、ドッグフードも手作り食も食べられるようにしておいた方が安心ですね。

コストや手間の問題

手作り食を考える方のほとんどが、ドッグフードに含まれる添加物を避けるためであったり、愛犬の食の安全・安心を守りたい、病気の犬のために健康食をという方なんですね。

なので手作り食で使う野菜や食材を無添加・無農薬のものなどにすると人間が食べる食費よりも高くつくことがあるんです。

食材は普通のものを使うとしても、やはり作る手間やメニューを考えたりに時間がかかるので、経済的なこと・時間のコストを考え生活の中にどう取り入れていくかが課題になります。

歯垢がつきやすい

ドライフードと比べると手作り食は水分を含む分、歯にくっつきやすく、虫歯になりやすいと言われています。

犬によっては歯のチェックと歯磨きが必要になる場合があります。

犬の手作り食のメリット

vegetables-752153__480保存料無添加の食材を与えることができる

ドッグフードに含まれる添加物のことを気にせず安心して食事をさせることができます。これを一番のメリットと考える方が多いです。

新鮮な食材を与えることが出来る

新鮮な食材を使い、食材に含まれる栄養素や酵素を摂らせることができるので、体に優しく健康に良いものを与えることができますね。

何を食べているかを把握することできる

ドッグフードには何が入っているかわからなくて不安、という声が多いですが、手作り食なら自分が選んだ食材を食べさせることができるので安心です。

涙焼けや耳垢、アレルギー、病気などの軽減・解消

手作り食をしばらく続けた結果、愛犬の涙焼けや耳垢がなくなった、アレルギーがなくなったなど嬉しい結果が出ることが多々あります。

また、重い病気にかかっていたワンちゃんが手作り食で劇的に症状が改善したとの例も多数あり、食べるものの重要性が感じられますね。

カロリー調整が容易

愛犬のダイエットのために手作り食を始める方もいます。

ドッグフードだと量を減らすと「これだけ?」ともっと欲しがることもありますが、手作り食なら野菜を多くして肉を減らしたり、水分を多くして満腹感を得させたり、見た目の量はそのままでカロリーダウンということが可能なので、食事を楽しませながらダイエットに取り組むことが出来ます。

食材からの水分摂取が可能

水分摂取は水だけの場合が多いですが、食材からの水分を摂ることができれば、水をあまり飲まないワンちゃんでも安心ですね。

手作り食にしてからワンちゃんのトイレ回数が増え、水分摂取→排泄のサイクルが以前よりも頻繁になり健康状態が良くなったという飼い主さんもいらっしゃいます。


スポンサードリンク

犬の手作り食の注意点

犬が食べてはいけない食材を把握する

ネギ類などが有名ですが、犬が食べてはいけないと言われている食材は意外と多くありますのできちんと調べてから取り組むようにしましょう。

また、先にも書きましたが犬によっては思いがけない食材でアレルギーを引き起こすことがありますので少しずつ、様子をみながら進めて行くことが大事です。

栄養バランスに最も気を遣う

まずは犬の健康のためにはどうすれば良いか、栄養バランスを考えたメニューとはどんなものかを把握します。
何の知識もなしに始めるのは危険が伴うことが多いので気を付けましょう。

とは言え、何を勉強したらいいのかわからない…という方はまずこちらの本を読んでみてはいかがでしょうか。

この本の著者、須崎恭彦獣医師は、考え方のベースが「薬に頼らず動物の免疫力を上げる」というもので、多くの飼い主さんに支持されています。

動物の持つ自然治癒力を引き出すレシピ、免疫力が上がるレシピ、その根底にある栄養学など、初心者向けにわかりやすく解説しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛犬のための症状・目的別栄養事典 [ 須崎恭彦 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かんたん!手づくり犬ごはん [ 須崎恭彦 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)

手作り食をしていることを獣医に伝え、健康診断で異常がないかチェックする

手作り食が功を奏しているかどうかは愛犬の普段の様子や毛づや、皮膚の状態などである程度判断することが出来ますが、内臓への影響は健康診断でしっかりと見てもらい普段何を食べさせているのかも獣医さんに話しておくことが重要です。

何かあった時のために毎日の食事内容をメモしておいても良いですね。

夏場など食材が傷みやすい時期は管理に気を付ける

特に肉にはしっかり火を通した方が安全ですね。生肉を与える場合は新鮮なもののみにしましょう。

人間と犬との食事を同じにしない

昔は人間の飲む味噌汁にご飯を入れた「ぶっかけご飯」などを与えている家庭もあったそうですが、塩分の摂りすぎや化学調味料が含まれている場合もあるので、人間のご飯は基本的には与えないでくださいね。

がんばりすぎない

頑張って勉強して手作り食を作っても、食べてくれない事もあるかもしれません。

また、ご自身が体調の悪い日は作れない時もあるかもしれません。なので完璧にやろうとせず、「無理な時はドッグフードも使う」と先に自分ルールを決めて柔軟な姿勢で臨むと長続きしやすいですよ。

さいごに

家族の一員であるワンちゃんには元気に長生きして欲しいもの。

手作り食がいい、ドッグフードがいい、色々な意見がありますが、一番大切なのは「どの方法が一番愛犬に合っているのか」を見極めることだと思います。

手作りでも毎食吐いてしまったり明らかに元気がなくなったらそれは愛犬にとって毒ですし、ドッグフードで体調バッチリならそれが合ってるんです。

大切なワンちゃんがいつまでも健康でいられますように。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - ペット ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした

error: Content is protected !!